スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


何者でもない日 7月25日に寄せて


マヤ暦では、7月25日は
  7月24日の大晦日と、26日の元旦の間の、
【何者でもない日】だそうです

この“何者でもない日”である今日
私は ひとつ歳を重ねることが出来ました

この半年
たくさんの心に支えられて 今日を迎えることが出来ました

私が動けない間、様々な無理を背負ってくれたアイエスの関係者たち
オーナー不在の不安の中、深夜まで残業を繰り返して
会社を支えてくれて明石コピーのみんな
「今年こそ継続だろ!」と実施に向けて考えてくれた
NEOWOMANに共感してくださる方々

ありがとうの言葉では軽すぎて 何もいえないぐらい
たくさんの気持ちに守られて 今、ここに居ます

ひとが ひとり 生きて死ぬ
それは 良くも悪くも たくさんの足跡を残すことだと知りました

たくさんの、これまで経験したことの無かった感情を味わう中で
見えてきたのは 意外にも
ずっと変わらず思っていたことでした

シンプルに生きていたい
そして、女性が生涯を通じて働いていける社会であってほしい

たくさんの気持ちに守られ、
たくさんの心をいただいき
その中で 手渡されたのは
可能性の種と向き合い続けること、、という
ささやかかつ永遠の取り組み
それは多分 最高のプレゼント でした

「限界を超えた現実の先に 見える本質は何だろう?
 この日々を越えたとき 自分の中に見出すのは何だろう?」

密かな予感とともに 見つめ続けた自身の心の奥底にあったのは
とてもシンプルなことでした

本当に、ひとは、シンプルに行き着くには時間がかかるのですね
本質とは 当たり前すぎて 難しいことなのですね

未来に繋がる道は 等身大の自分を見つけたとき
やっとほんの少しだけ
そのかけらに触れることができるものなのかもしれません

何者でもないこの日に生まれた 何者でもない今の私に
未来の私から贈るのは やっぱりこの言葉

“あなたにもきっとあるよ 人生を創るチカラ”

思っていたよりも うんと大変で うんと素敵で

うんとたくさんの人たちと ありがとうを言い合える

そんな日々を続けられる不思議に感謝しています

何者でもない私でも この時代に生まれて生きた意味を持つ人生を
改めて始めることができるこの夏に 感謝しています

“あなたにもきっとある 人生を創るチカラ”




スポンサーサイト

2011年にありがとう!

はやくもあと数日で2011年が終わります

私にとって、当初予測した通り、2011年は試練の年となりました

何か特別なことがあるわけではない
ただ、多くを問われ 多くを見られ 多くを言われ 
そうと知りつつも ただひたすらに前を向く

そんな1年を覚悟してスタートし その通りになりました

やりたいことを とか 好きなことを とか 楽しく とか。。。
Ayesに事業相談に来られる方の中でも
特にこれから始めたいと言う方が 多く口にする言葉ですが

人は生きている限り  
日々の暮らしの中に 背負うべき責任と義務があり
それらを受け入れつつも 具現化したいことに取り組んでいくしかない

背負うべきを背負うには やはりそれなりの腹を据え
どんな道を選んでも 得るものもあれば失うものもある。。。

その覚悟を定める何かが必要なのではないかと そんな気も少しする


・・・産後 体調が悪くなり もう寿命がないなと身辺整理をしたことが数回
階段を上るのもままならなず 伏せっている中で ふと思ったこと

「今 死んでも 誰も泣いてくれないなぁ」

もちろん 親兄弟友達は泣いてくれるだろうけれど
なんというか 「あなたに会って 自分もがんばろうと思った」
そんな 誰かに生きる意味をバトンタッチできるようなこと。。。

何もないよな。。。何してたんだろうな。。。
唐突に そう思って 強烈に悔いたのだ

なぜかその後 元気になり 風邪ひとつひかない日々を送ることになり
今になって 「あの時間は 今の自分に必要な強さを得るためだった」
と感謝できる

誰に知られなくてもいい たったひとりでいい
「あなたに会えてよかった」と言ってもらえるように

そして 出来れば ひとりではなく 2人 3人 10人。。 
そう言ってもらえて 最期を迎えられたらいいな。。。

自分ひとりが出来ることなんて大したことがないし
あと数十年も生きているわけがない

だけど 誰かに手渡された意志は その人の英知が更に追加されて
次から次へとまた手渡されていくことになる

100年後 1000年後の未来へと繋がっていく

自分ごときが 何かを出来るなんて 大それたことは思っていない

ただ、今 自分が必死でもがきながら手渡した小さな種は
もっと知恵や技術や勇気や 沢山の優れたものを持つ人たちの手へと渡ることで
自分だけでは出来るはずもないことも いつか出来ていく。。。
それがせめて 自分がこの時代に生まれてきて この時代に生きた
この宇宙への ちっぽけな恩返しぐらいにはなると信じることにしている

2011年は 本当に目を覆うような出来事が起こった
大企業のリストラもあった

決して報道には乗らないけれど 命を繋いだ方のその後の
本当に哀しいニュースもたくさん聞いた

生きるパワーを得る手段は仕事以外にもたくさんあるけれど
生きる糧を得ると同時に 自分と周囲に明日への可能性を手渡す手段は

私自身は 自社事業を通じて具現化していこうと 決めている

今年 自分がどれだけ未熟で至らないか たくさんの気づきと学びをもらった
本当に苦しかったけれど
この経験こそが 自分の寿命が終わるまでに なんとか成し得たいと願っていることに
最も必要なことだと分かる

来年は 行動は活発になりそうだけれど 
内面的には静かに自身と対峙し会話し続ける1年にする
謙虚にひたすら 見て 感じて 学ぶ 1年とする
今年1年に感謝して 来年に向かう

皆さま本当にありがとうございました
来年もよろしくお願いいたします


============■ お知らせ ■===========

2012年度のメンタリング or 事業プロデュース検討の方
年末年始に 無料相談実施します

1)自社の商品・サービスに深い想い入れがあり
2)必要とされる方に、真摯にその情報を届けたいと願い
3)大事に丁寧に手掛けていくお気持ちがある会社&事業所の方
●なお、3月ぐらいまでは立ち上げ(再構築)の準備に充分な時間が取れません
 ・1月中にあれこれお話をしていき
 ・2月以降にシナリオ組み立て
 ・春からの本格スタート
でご了承頂ける方に限らせて下さい m(_ _)m

●ご相談自体は期間中 ご希望頂きましたすべてに対応させて頂きますが
 案件お引き受けは 1件しか難しいですので(春スタート分)
 悪しからずご了承ください m(_ _)m

●一体何をしてくれるんだろう?と気になってる方も
 上記1)~3)のすべてに該当する方はOKです
 (クロージングはしませんのでご安心を
  →よほど私がやりたい!とスイッチ入らない限り)

【日時】2011年:12月30日(金)~31日(土)
    2012年:1月2日(月)~6日(金)

【人数】1日1名限定

ご希望の方は、ご希望のお日にちお時間を12月29日(木)までに 
 → フォーム  
 → ツイッターのDM 
 → FaceBookのメッセージ (※FBは対応数日遅れる場合あり)
にてご連絡下さい

※ご連絡は折り返しのお電話にて致しますので
 すぐ連絡のつくお電話番号を記載下さい

===================================




宝物の届き方

私のワークテーマでもある
“女性の自立(仕事で活きる女性を増やしていきたい)”という想いもあって
活動を形作ろうとしているNEOWOMAN

紆余曲折を得て あと1か月と迫ったNEOWOMAN アクションフォーラム
書籍も来週には上がってくる予定です

NEOWOMANって何?
さまざまな方に(しかも割とあしらわれるように)問われては
まだ適切な言葉で伝えられなくて
自問自答を繰り返しながらの毎日・・・

強い強いと言われる私でも さすがに結構メゲます
「何やってるんだ 自分は!」って

想いから取り組み始めたことには
未来図は見えてるけど
そこに至るまでのプロセスが見えないことが結構多くて
悶々とすることになる場合が大半だったりしますね

そして 大抵はそこで自信喪失してしまったり
誰かの否定的な言葉に乗っかってしまいます

(自分が言いたいことを 誰かの言葉を借りてしまう
 というのは 割と多い行動癖の一つです)

先日 あるメールを頂きました
沢山の活動と長期的に付きあってこられた方です

 【菊川さんがやろうとしていることは
  とてつもないことなんですよ
 だから誰でもやろうとはしないし、だから価値がある。
  そして、貴女はそれが出来るひとです。
  忘れないで下さい、そのことを。】

そうか そんなに大変なことを 何も考えずにやり始めてしまったのか。。。
と、ちょっと目が点になりました

私から見ると、とても愛情深いのだけれど ちゃんと冷静沈着で客観的
たくさんの活動、団体と ほど良い距離感で長期的に愛情持って関わってこられたこの方が
一体何を持ってNEOWOMANを「とてつもないこと」と言って下さっているのか
正直なところ 分からないのだけれど

これまでに 力も人脈も財力もある方が取り組んできていないのはなぜだろう?
と不思議ではあったし

同時に、そのような方々が
  妙に興味深く見守って下さってる気がするのは何故だろう?
と不思議でもあったのは確か

何かするたび 突拍子もない(と言われる)失敗を随所で巻き起こすのですが
そのたび ビックリするような方から
「ちょっと気になったので」と連絡下さることがあって
有り難くも不思議だったりもしました

ただ 今回このメールを頂いて 
続けて良いんだよと 世の中に許してもらえた気がして
本当に嬉しかったのです

宝物は 思いがけない でも最適なタイミングで
届くって本当だなと 思った一件でした


  ■メンタリングのAyes  (ビジネス心理&事業構築)
   →→お問い合わせ

挫折防止にワンクリック、愛の手をm(_ _)m
人気blogランキングへ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。