スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ビジネスチャンス 思い込みは捨てよう

金曜日の深夜、突然パソコンがダウン
電源入れてもうんともすんとも言わず・・


以前ブログで見かけていた
近くのパソコン修理出張サービスの方に電話して、
やっと先ほど復旧。


原因は、電源が壊れてました。
本当に いきなり壊れるものなのね PCって・・・


さて、その方にお聞きしたら、ちょっと面白いことを。
個人からのご依頼が多いそうですが、


最近の特徴として、
・自作機の依頼が多い
・ネットからの依頼も増えてきている


だそうです。


自作機というのは、個人業者さんに作ってケースが多いため
数年たって パソコンが調子悪くなった頃には
連絡が取れず サポートが頼めないパターンが増えているのだとか。


ネットからの依頼がある ということは
個人宅でも2台、3台繋いでいるということ


「壊れて依頼するわけだから、
ネットからの依頼が入るとは 思ってなかった」と
おっしゃっていましたけど。


どんどん時代が変わっている証拠。


こういう思い込みで、ビジネスチャンスを逃している可能性、
あるかもしれませんね。


挫折防止にワンクリック、愛の手をm(_ _)m
FC2 Blog Ranking




スポンサーサイト

さくらの季節に収穫した 桜のハチミツ

桜がそろそろ散り始めてます。
満開から散り始める時が、一番好きです。


なぜか、桜が咲いた瞬間から、
雨の日が多くて、風の強い日も強くて


私は俗世界の人間だから、
もったいない、残念と、哀しくなるのだけれど、


当のさくらは、
そんな意地悪な環境を気にも留めず、
惜しげもなく咲き誇っては舞い散っていて、
なんだか、とってもしたたかな気がする。


一瞬の存在ほど、シンプルで美しいものはないのだなと、


わかってはいても、より長く、より多くと
つい、両手に持ちきれないほどを望んでしまう自分の姿を振り返って、
毎年、ほんの少しため息交じりに反省するのが常。


華やかだけど、もの悲しい気分になるのが
春という季節なのかもしれませんね。


さてさて、思い出しました。
 ↓ ↓
さくらの季節に収穫した 桜のはちみつ

※検索してみたら、やっと1件取扱店発見! さすが楽天さん
 でも、思い出すのが遅くて、またもや売り切れでした


前に旅行した門司港(もじこう)で見つけました。
ちょうど3月ぐらいだったかな。


春待ち気分にピッタリで、見つけたときにはとても嬉しかった。


ストンとしたビンの形も、
和紙に筆文字で書かれた華美でないラベルも、
とても好み。


懲りすぎない、素直なデザインが一番素敵
私たちは、すでに【過剰】に飽きてきているのだと
こんなところでも、痛感します


大事に持ち帰って、
しばらくは、毎朝 はちみつティーにして飲んでました。


とても軽くて、優しくて、ほのかな甘みです。。
ハチミツ特有のくどさがない、【さら~】っとした味。
香りはほとんど無いかも。


ゆる~い温かさの ただのお白湯に
薄めに溶かして、ぼんやり飲むのがぴったりです。


華奢なカップ&ソーサーより、
質の良いボーンチャイナの大きめマグカップが雰囲気。


挫折防止にワンクリック、愛の手をm(_ _)m
FC2 Blog Ranking




ダンディー 藤村俊二さん

なんとなく、こんな時間まで起きてしまってます。
後悔・・・。


でも、ちょっと久々にかっこいいな~と思う男性
みつけたので良しとしようかな


単に、画面上で一方的に見てるだけだけど。
藤村俊二さんの記事


「夢のクォリティーは落とせない……」
「60歳過ぎて、自分が遊びたい大人のお店創った」
「人と比べてじゃなくて、自分が基準」


年輪に蓄積されたカッコ良さってホレボレしますね


60代前後の男性って、
カッコいい人は ムチャクチャ、カッコいいんですよね
ほとんど見かけないのが残念だけど


このぐらいの年齢でカッコいい人は
若さに媚びなくて、完璧に自分の領域で勝負してるのが魅力


40~50代って、まだ、若い子と勝負できるんじゃないかと
張り合う気持ちがチョット残ってて、
同じところで頑張ってしまってる人が多い気がします


「かなわないな~」と思わせて欲しいんですよね
自分より上の世代の方には


そう思わせてくれる人には、素直にかっこいい!と
心がハートマークになるんですよね


私も 「かなわないね」と言わせるよう日々努力!
めざせ、シンプル&リッチ&ビューティー!


挫折防止にワンクリック、愛の手をm(_ _)m
FC2 Blog Ranking





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。