スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


裕福層ビジネス 裕福層の定義は??

「資産1億円以上」が裕福層の定義だとか。
ここになんとかアプローチしたいと、
銀行などは躍起になっている。


でも、これまで、「安く・早く・手軽に」をキーワードに
大衆文化を意識して発達を遂げてきた日本のビジネス業界は、
とにかく悪戦苦闘している様子。


この層の、消費パターンが読めない、何を求めるのか心理が分からない、
とか、いろいろ聞きますよね。


そもそも、資産でくくるから分からなくなるのでは??
と、私は考えています。


コツコツと長年働いて1億貯めた人もいれば、
見入りも多いけど出るのも多い、ほとんど資産を持たない人もいる。


これからも長期にわたって安定収入が見込める人もいれば、
時代に乗って大きく稼げてはいるけれど、あと3年だろうと考えている人もいる。


まだまだ方向転換が可能な若い人もいれば、
蓄えで今後を過ごす高齢者もいる。


あまりにも、モデルに幅がありすぎるからです。


で、私が今の日常、つまり毎日フライパンを振りながら考える
裕福層ビジネスの定義は?・・・というと。


【自分が好ましいと思うことに10万円を躊躇なく投じる人】


これがひとつの判断基準だろうと、感じています。


「え?? 10万円?? 低すぎない??」と思った方、
ご自身は、10万円をポンッと使えますか?


例えば、デートのディナー。
例えば、奥様と旅館に泊まる。
例えば、自分のスキルアップに必要なコンベンションに参加する
例えば、ビジネスシューズを購入する。


この予算、10万円で考えますか?。
(もちろん、会社の経費で落とすのではなく、実費です。念のため)


もっと安くする事も出来ます。
なのに、10万円の予算で考える人でしょうか??


2人で10万円(1人5万円)のディナーや旅館は、
料理だけでなく、サービスが違います。
1回10万円のセミナーに参加するのは、それだけの仕事人です。
1足10万円レベルの靴には、それだけの職人技が光っています。


つまり、
もっと安いものが沢山あるのに、あえてこのレベルを選ぶ人は、
その価値を知っていて、その価値を大事だと思っている人、
ということになります。


そして、ここが大切なのですが、
こういう人ほど、真の【費用 対 効果】をシビアに判断します。
10万円のディナーと100円のハンバーガー、
その値段の価値があるかどうかを、全く同じ感覚で、見ています。


5万でも100円でも、それに見合う価値があればOK、なければダメ。
決して、「100円だから(安いなら)妥協してくれるだろう」は
通用しないのです。


「裕福層の消費パターンが読めない、何を求めるのか心理が分からない」
となってしまうのは、こういった考え方をあまり重要視していないのが
原因かもしれません。


長くなりましたけど、これが、
【10万円を選ぶ人が、裕福層ビジネスで求めているヒューマンモデル】と
私が考える理由です。


つまり、現時点で幾ら持っているかではなく、
一流を要求する人が、ターゲットである、という考え方になります。


(厳密にはこれって、裕福層ビジネスではないと言われそうですが、
 要するに、【裕福層という定義じたいが無意味】と、
 私は感じているのかもしれません。)


皆さまはどう考えますか??


  挫折防止にワンクリック、愛の手をm(_ _)m
  人気blogランキングへ




スポンサーサイト

エレガンスの継承者たち

図書館で借りた本。
思わず、別途購入しようかと思った本。


エレガンスの継承者たち。


取り上げられているのは、ヨーロッパばかり。
偏ってるのかもしれない。
でも、いいな~と素直に感じる。


アメリカ的発想、アメリカ的ビジネスに翻弄され続けてきた日本だけど
もともと日本が持つ、好みやら発想やら美的感覚って、
米国よりは欧州の方が近いわけで・・・


時代はやっぱり、ヨーロッパだな~などと思いつつ、
しばし、エレガンスに浸る午後・・・


裕福層ビジネスに関心&関連する方には、そこそこお薦めの一冊。


  挫折防止にワンクリック、愛の手をm(_ _)m
  人気blogランキングへ




アイスマン

編集やってる先輩と会ったら
「アメリカでアイスマンの施設に行ってきた」と言っていた


人間の体から水分を抜いて、液体窒素の中にドボン。


これを、解凍するとまた生き返るのだとか。


冬場、朝方に凍っている水槽の中の金魚が、
昼になるとちゃんと泳いでいる、
あれと同じ原理!?


で、すでに何人か、アイスマンになって
窒素の中につかっているそうな


でもって、「200年後とかに生き返らせてくれ!」
とか希望を伝えてあるのだとか。


ちなみに
「失敗する可能性は? ちゃんと生き返るのですか?」と聞いたら、
「成功する確率は 人間が火星に行くぐらい」と言われたとか。


つまり、ほとんど失敗 = 死ぬ ということ!!!


ちょっと考えれば、
1年間の保存に何千万も掛かるらしいし、
何百年も、ちゃんと保存管理し続けてくれる保証はないし
その間に、天災やら 国際的事情やら
発生する可能性もあるだろうし
誰かが魔がさして・・・なんてことだって充分ありうる


ありとあらゆるリスクを考えれば、
とてつもなく低い確率であることは想像に容易い訳で・・・


それでも、希望する化学者が多いというから、
まったくもって 化学者の好奇心というヤツは!


もちろん私だって 未来を見てみたいとは思う。


アイスマンって ある意味 タイムカプセルだから


例えば、今から200年前というと江戸幕府の時代だから、
そこから現代にワープしたと想像したら・・・
考えただけでワクワクするよ


ただね・・・。
成功するか否かだけの問題じゃなくて、
今、自分の周囲にいる人とは、
間違いなく、今生の別れになるわけで・・・。


それでも自分の興味関心を優先させちゃうのが
化学者の性なのか??


とにもかくにも、ホントにビックリ仰天なお話しでした。


  挫折防止にワンクリック、愛の手をm(_ _)m
  人気blogランキングへ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。