スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ベンチャー経営者の本 2冊

今更ですけど、2冊続けて読んでみました。


・ワイキューブ 安田佳生社長の本
  →千円札は拾うな。
・サイバーエージェント 藤田晋社長の本
  →渋谷ではたらく社長の告白


お2人とも、同じような冒険的発想で大きくなって来られたようです。
有限実行、口にしてから、必死で業務を追いつかせる。
借金して、会社がどんどん大きくなっている。


1000円札を拾うために下を向くより、
3手先を見て行動した方がいいという安田さん。
後先考えず1500万のオフィスに引っ越した藤田さん。


こういった逸話を見聞きすればするほど、
「よし、とにかく大きく行こう!」なんて気持ちになってきます。


でも、
藤田さんの本には、
上場後の株価下落で、
思いっきり苦しかった時代も鮮明に書かれてあります。


安田さんの本には、
道に落ちている千円札は拾うなと書いてありますが、
稼いだ千円札を無駄使いしろとは書いてません。


覚えておかないといけないのって、
きっと、こういう部分なんですよね。


それなりの結果を出しておられる方は、
間違いなく、それだけの洗礼を受けているし、
それに見合うだけの、寝食忘れた努力がある。


そういったことを全く考慮しないで、
単純に発想や行動だけを、
そのまま真似して飛躍しようと思っている人が
どんどん増えているような気がします。


考えてみたら、私も自分でやっていたときは、
「気楽でいいね~」とよく言われてて、
実際、自分自身でも、とてものん気に仕事してると思っていました。


でも、その生活はと言うと
「3年間、お布団で眠ったのは何回??」みたいな日々。


それが当たり前だったから、
その時は特別な事と認識してなかったけれど
やっぱり、それなりの働き方をしていたんですね。


成功者のインタビューや著書には、苦労話があまり見当たりませんけど、
それは隠したいからでもカッコつけてるからでもなく、
苦労だったと本人が認識していないから、
普通に聞いても出てこないだけなのでしょう。


だから、成功者の思考や言葉は、
それなりの行動が伴っていることを大前提と理解せずに
上っ面だけ真似すると、
ベンチャー(冒険)ではなくギャンブル(博打)になってしまいまいます


起業を考える人がますます増えているだけに
“あって当たり前、大前提の大変な部分”を
あえて掘り下げたビジネス書シリーズも
もっと出てくると良いのにと、ふと思いました。


  挫折防止にワンクリック、愛の手をm(_ _)m
  人気blogランキングへ


スポンサーサイト


コメント
まあ~、運が良い!
・・・あ、違った・・・
拾ったらダメなのよ~!(← 一応、言ってみる)
2007/06/06(水) 22:58 | URL | srbr朱美 #R4Gt31Yc[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/06/06(水) 17:43 | | #[ 編集]
この前・・・
1000円の電車のプリカひらって
喜んで使っております。
ってそーゆー問題じゃないって???
2007/06/06(水) 05:47 | URL | きすけ #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://srbr.blog43.fc2.com/tb.php/182-35597627
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。