スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


企画はお金にならない??

関西では企画はお金にならないから。
なんて話をよく聞きます。


先日も、そんな悩みを言われてしまいました。


で、私はどう思ってるかと言うと・・・。
「ならなくて当たり前なんと違うの?」


純粋たる関西人の私は、
やっぱり、利益が出て初めて“なんぼ”だと思っているので、
絵に描いたモチ(=アイデア)を売ろうとしても
それは難しいよね、と思うわけです。


そう理解すると、話はとても簡単になってきます。


絵に描いたモチを見て、実際にモチを作って販売する。
そして利益が出た段階で、お金を頂けば良いと。


そう言うと、「アイデアだけ聞いて、“有難う”と終わりにされた!」
なんて言い返されてしまうことが多いですが、
“有難う”とアイデアだけ持っていかれるのは、
そもそも初めから、「コイツと一緒に仕事しよう!」と
相手が思っていないのでは? と感じます。


自分が思いつくことなんて、誰でも思いついているし、
それを実行するにはもっと適任者がたくさん居る。
少なくとも、私はそう思っています。


でも、ホントに私のことを認めたり、
時間を共有したいと思ってくれている相手なら、
「何をするかじゃなく、貴方も関われよ!」となる・・・。


そして関わっていると、たくさんのことを見聞きするし
知識も人脈も経験も発見も・・・、沢山の吸収する事が増えます。
プラスαの仕事だって発生します。


美味しいお店のうわさ話をして、
「じゃあ一緒に言ってみようか!」となるか、
「いいね。今度他の人と行ってみるね!」となるか、
その違いではないかしら。


遊びもビジネスも、きっと、同じなんですよね。



あ・・・、でも、美味しいお店の話をするのは、
一緒に行きたいと思う相手が前提。
その選別をしないから「アイデア持っていかれた!」
になるパターンも多々ありそうですね。


自分が付き合いたいとおもう相手に限った方が
良いかもしれません。


  挫折防止にワンクリック、愛の手をm(_ _)m
  人気blogランキングへ


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://srbr.blog43.fc2.com/tb.php/186-44ced309
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。