スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


子どもがお金儲けは悪いこと? お金はツール

新聞の読者投稿欄で
「子どもにお金を儲けることを教えてどうするのか」
みたいな記事を見かけた


子ども対象の株取引講座に子どもを参加させて
「将来はお金儲けをしたい」「お金持ちになりたい」という子どもを
たしなめない親が嘆かわしい・・みたいな


日本は 【お金儲け=悪いこと】
というイメージを持つ人も多いと感じるし
子どもとお金のことを話す家庭は きっと少数だと思う


とはいえ 必要だと言う人と 不必要だと言う人
2極化している感は強い


小・中学生を対象にした「お金の学校」(株式投資)セミナー
をやっている証券会社も出始めて
積極的に触れさせたいと考える方も確かに増えている


個人的には


お金って 生きるうえで避けて通れない
なのに 大人になるまで 考える・知る・学ぶ機会がないのは
違うと思う


ただし 「将来の夢は、お金儲け・お金持ちになること」という発言は
これまた 明らかに間違っている と思う


なぜなら 【お金は単なるツールに過ぎない】から


お金は 絶対に必要なものだし とても大切なもの 便利なもの
ただし あくまで 【ツールとして】 だ


ツールというのは 使わなければ意味がない
ということは 有効な使い方を知らなければ使えないし
有効に使えてはじめて 意味・意義を生むものだ


だから 子どもが
「将来の夢は お金儲けをして ●●をすること」
「お金持ちになって ●●が出来ること」
と言えるようになる


そんな教育が必要だと思っている


要するに お金についての教育とは
お金の稼ぎ方と同時に その使い方について考え学ばせること


これが 私の考え


皆さまは お金というツールを使って
自分と周囲にどんな幸せを生みたいですか


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://srbr.blog43.fc2.com/tb.php/24-bd126b95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。