スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


待つということ

私は 構いすぎる性質が顕著なため
人との距離感を常に一定に保つことが大きな課題のひとつ


ずっと指導いただいている
成功請負人と名高い溝口先生から
諭されて 鳥肌が立ったエピソード


「本当にチャンスを掴みたい人間なら
例えば電車賃がないぐらいに苦しかったとしても
ヒッチハイクしてでも会いにくる
だから ただ待て ひたすら待っていろ」


頼まれてもいないのに
自分から駆けつけてしまう私には
ある種 衝撃的な諭しでした(笑)


以来 毎日自分に言い聞かせているけれど
やっぱり難しい


ひとは 構われすぎるとうっとおしくなるけど
かといって ちょっと距離を取りすぎると突き放された感じるようで


そうすると つい
傷ついているのではないか
ひとりで苦しんでいるのではないかと
心配してしまう


今日もちょっと反省
シンプルじゃないな(^^;)


  挫折防止にワンクリック、愛の手をm(_ _)m
  人気blogランキングへ


スポンサーサイト


コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/07/28(土) 21:39 | | #[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://srbr.blog43.fc2.com/tb.php/271-7df4f27a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。