スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


グレーであって欲しいライブドア 堀江社長

ますます過熱化しているライブドア疑惑。
粉飾疑惑が事実だとすれば、
上場も取りやめになる可能性が高いらしい。


願わくは、ホリエモンには、
白とはいえなくても、せめてグレーであって欲しいと思う。
首の皮一枚のところでよいから踏みとどまって欲しい。


そもそも、建前と本音、根回しを好む
昔ながらの日本的ビジネスを好む人には
極めて評判の悪い彼だけど、


若い世代や、海外のメディアでは、彼の評価はわりと高い。
少なくとも、ある種の期待を持って、彼を眺めている。


時間外取引での株買占めにしても、
戦国時代さながらに「やあやあ、我こそは・・・」と名乗っての一騎打ちを
美しいと感じる輩には、気に入らない手法だろうが、
取引できるシステムだったのだから、違法ではない。


どっちかというと、何割もの自社株を保有されるまで気が付かない
経営群の方が、甘いというか怠慢というか・・
高額報酬貰って、役員室でふんぞり返って威張ってんじゃないよ!!!
と思った人も多いはず(!?)


そんな、年功序列、派閥争い、身内意識で回っている日本の経済界、
会社組織下で力を発揮できず、悔しい思いをしてきたサラリーマンたちにとっては、
彼の言いたい放題の立ち居振る舞いが羨ましくも小気味良いわけで。


誰もが、言ってみたい&やってみたいことを、
臆面もなくやってしまって、認めさせちゃう存在には、
勝ち続けていて欲しいと思う。


そもそもホリエモンが、
ネクタイを締め、経団連の方々と和やかに根回しをしたり、
手放しで迎えられる業務提携や企業合併をするとは、
誰も期待していないのであって・・・。


強引に、嫌がられながらも、結果的には手を組まざるを得なくなって、
小憎たらしい若造に内心ムカつきながらも、
にこやかに握手してみせる図、なんてのが、見たいのだから。

限りなくダークであったとしても、
それは見ている側も【想像の想定内】だから、OKなのだ。


だが、情報操作に関しては、違う。


情報に関しては 彼はオピニオンリーダーを公言してきたはずだし
、 コギャルだって株主になれて、
ライブドアの成長と共に金持ち父さん!
なんて夢を見る環境を作り出したところに、
ライブドアの価値があったとも言える


だから もしも疑惑どおり、
堀江社長が知っていて許可していたとしたら・・・


人々は、法律の是非とは関係なく、彼を許さない。
期待値を裏切られた時、人は2度と相手を受け入れないものだから。


だからこそ 粉飾疑惑は、せめてグレーで終わらなければマズイ。
いつものように、法律の範囲内(しかもスレスレ!)で
ふてぶてしく疑惑をかわす結末が必要となる


もしも今回を何とか乗り切ったなら、
彼は、日本の経団連なんてなんて、すっ飛ばして、
世界経済で大暴れするに違いない


そんな姿を、もっと見ていたいと、
かなり多くの人が思っているのでは!?


  挫折防止にワンクリック、愛の手をm(_ _)m
  人気blogランキングへ


スポンサーサイト


コメント
読んで頂いて有難うございます。

折角なので、消費者生活してみようと節約系に目を向けてみましたが、
向いていないようです(^^;)
ライブドア系の方が面白い。

復帰要請は多いですが、正直、他社さまのプランニングは疲れますね。気が向いたら、またボチボチと受けるかもしれませんが。

「留学のススメ」さんの記事も楽しみに拝見しています。
これからも宜しくお願いします。
2006/01/20(金) 18:10 | URL | srbr #R4Gt31Yc[ 編集]
「留学のススメ」の管理人です。今、夜中の一時半くらいです・・・・。

srbrさんのブログは興味深い記事ばかりです。今、全部読んでしまいました。経営者哲学みたいなものを感じます。

やっぱり、会社経営者だけあって、堅実派ですね。
ちょっとした節約なんかも経営者向きの精神ですね(笑)!

あと、「販売促進プランニング」のお仕事していらっしゃるのですね!?これから、さらにマルチメディア商戦が激化するのでその分野でも活躍できるんじゃないですか!?

また来ます。これからも宜しくお願いします!

おやすみなさい
2006/01/20(金) 01:46 | URL | PROJECT MAN #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://srbr.blog43.fc2.com/tb.php/39-b5ad627b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。