スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ネットショップに思うこと

以前サポートしていたクライアントさんと久々にあった。


作ったは良いけれど、販路がないという商品、
ネットショップで何とかしたいということで、立ち上げから運営まで。


軌道に乗リかけたところで仕事を休むことにしたので
手を引いたのだけれど、
上手く売れているとウワサに聞いて安心していた。


・・・ら、その後また厳しいらしい・・・。


中小企業のオーナーさんたちから、
「時代的に必要だから」と、
ホームページやネットショップ開設の相談をよく受けてきた


うちが片手間でやっていたネットショップが
一番売れたときで500万ぐらい、
普段は大体月100万超えぐらいだったか・・・。


これ以上の売上げを狙っても、
逆に少なくてもシンドイのを知っているので
あえて【片手間で出来る範囲】にしていたのだけれど、


そういう細かな内情を知らない人から見ると、
「1週間で作って、後は、たまの更新と発送作業で毎月100万!?
 それなら、うちも頼む!」
と思うみたい


ネットショップやWEBって表面的には単純だけど
蓄積した知識・技術と細やかな戦略の賜物だから
安易ではないと思う


少なくとも 実店舗を一軒出すのと同じだけの
気力・労力・時間・愛情が必要と思っておいたほうが良い


一番 危険なのは
日常で使っておらず、必要性や便利性を感じていないのに

「何が良いのか、便利とは思わないけど、これからは外せないから」
と 乗り出すケース


自分で感覚を掴まないままに
「若い子を担当者に付けるから良いように進めてくれ」
なんて言われた時は 最悪の結果を密かに覚悟する


ビジネスの結果は、執着心が生み出すもの。
絶対良い!と思うからこそ、結果が出るまで続けることが出来る


なのに、自分が便利だと思っていないものに、
熱意と愛情と執着心を持ちつづけられるわけがない。


ちょっとやって、成果が上がってこないと、
「もう止めよう」とすぐに言い出すのがオチ。


・・・なので、こういう依頼は、ほとんど断っていた
「貴方は、お金では動いてくれないから、一番怖い」と言われたけれど
それは目先のお金じゃなく、着地点から見て計算しただけのこと


実は、今日会ったクライアントさんも、
上層部はノータッチで、担当者にまかせっきりのところ。


たった一人で苦しんでいる担当者の様子に
胸が苦しくなった


  挫折防止にワンクリック、愛の手をm(_ _)m
  人気blogランキングへ


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://srbr.blog43.fc2.com/tb.php/50-19b47734
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。