スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


脳機能上 2万回

脳機能上 新しい癖をつけるのには
約2万回反復練習が必要なのだそうだ

アイエスに集まる相談ケースに限っての
経験則からの見解にすぎないのだけれど

もがいてる方に見受けられる多いパターンがひとつある

自信がない方ほど 自己顕示が強くて
それゆえに 延々と自己理論の中でもがいているケース

(自己顕示が強いがゆえに 自信を持ちにくい
 という方が正確かもしれない)

どちらにせよ この場合 非常にやっかい

何か言うと 心の中で強烈な反発が発せられ
だけど 自信がないから表立って反論が返ってくることはない

では 真剣に検討しているのかというと そうでもなく
別の所で発散のはけ口を見つけて 持論を展開して発散する

自己顕示が強い人の特徴に 人の言葉に手を加える癖が多いと聞くが
確かに 愕然とするぐらい解釈が曲がりつづけていくのを何度も経験した



「聞く姿勢が出来た時 教えてあげる」

もう随分前のこと
教えてほしいことがあって尋ねた時
そう言われて 何も教えてもらえなかった経験がある

その時は 普段あまり自分から正式に質問することがなかっただけに
「これだけ意を決して尋ねたのに!」と
腹も立ったし 何より突き放されたようで 非常なショックを受けた

ようやくその意味が分かってきたのは 最近のこと

自己解釈が入る状態で何か伝えても 更に悪化させるだけ
あの時の私には まだ言葉がそのまま心に届く状態になっかったんだなぁと

またこの1年は あるひとつのことを整理するのに
延々ともがくループの中で過ごしていたのだけれど
この体験の中でも ちょっと思った

“もがいている時”は 
これまでの自分とは違う考え方行動パターンを身につけようとする時に
分かってはいるけれど身についていないために
安易には受け止められなくて 悶々とするしかない時なんだなぁと

もがく時間は 一皮むけるために必要な熟成時間なのかもしれない


海で浮き輪があったらつかまってしまう

でも浮き輪がなければ 手足をばたつかせて
うまく行けば 浮くこと・泳ぐことを習得できる

泳げるようになりたいなら 浮き輪なしで海に入ることだ

※実際には 溺れるわけにはいかないから
浮き輪を投げてくれる人がいる環境を用意して

「大丈夫! 人は浮く動物だ!」と2万回繰り返しながら


・・・なんだか変な文章になってしまった

なにはともあれ 今年繰り返してつぶやいてきたのはこのフーレズ
  ↓  ↓  ↓
【Challenge! 一歩前へ!】
 11月17日は神戸へどうぞ!
  →詳細 →お申し込み


 

心理でどこまで事業主・起業家を支えられるのか

昨日、 【神戸では まだ
 ビジネスとメンタルの関連性に関心が高まるところまで来てないのでしょうか?

と書きましたが

本当にその通りで “メンタリング”とか心理 とか言うと 
単に愚痴をダラダラと言って終わる お悩み相談所みたいになりがちなのは事実。

大体 うちにたどり着かれる方というのは
もう本当にどうしようもなくて 倒産寸前・・・
というような 小さな小さな会社さんだったりします

ようは 他社では付き合ってくれないのでしょう
コンサルフィーが手元にないんだから

そんな状態で出来ることというのは
最後はオーナーさんの踏ん張りしかないのですね

コストが掛けられないなら 自分でやるしかない
オーナーさんがねじり鉢巻きで自ら動くしかないわけで。。。

つまりはそこにメンタルが必要になってくるわけです

その考え 本当に良いの?
その選択 本当に大丈夫?
その行動 本当に意味があるの?

常に自分で問い続けることを要求し続けていきますから
お山の大将だった方ほど うんざりされるわけです

残念ながら 3分の2の方は 脱落していかれます
とても上手な いかにも納得しそうな言い訳をつけたして。。。

だけど その中で残り30%の方は 半信半疑でも食らいついて進んで下さいます
これまた大体が まずは掘り起こしから入るしかないので
地味~で大嫌いな作業に取り組んで頂くわけですが

これをちゃんとこなして下さると チャンと注文が入ってきます
それも 不思議と 取り組んでいる作業以外のところから違う形で

本当に不思議ですけど 必ず 何とかなっていくのです
綱渡りのように

気持ちの姿勢が変わると ちゃんと結果が出てくるという
心理って本当に不思議で 宇宙の真理だなあと思っています

震災 原発。。と 日本経済は更に悪化 
倒産する企業が一気に増加してくるのはこれからです
その先で消えていく中小の数はさらにさらに多いでしょう

ビジネス心理で何が出来るの? 何をするの?

これから私はこう答えねばなりませんね

売上を上げます

ただし あげるのはオーナー自ら あなた自身の手によってですが…


  ■メンタリングのAyes  (ビジネス心理&事業構築)
   →→お問い合わせ

挫折防止にワンクリック、愛の手をm(_ _)m
人気blogランキングへ




ありがとうは魔法の言葉

基本 個人契約の方には
毎日の日報メールをお願いしています。

あれもこれもご自分でなさる必要がある方は
どうしても 日々の業務で一日が終わってしまうため
本当に取り組まなければいけない 
明日のための・1年後のための取り組みは後回しになりがちだから

目標設定したことに 
毎日少しでも向き合い・考え・進めていく時間を取って頂くには
どうしたらいいんだろう?

この2年ほどずっと思案していて 編み出した私の手法です(←ちょっと大げさ)

日報に対しては、出来るだけ毎日 返信します。

返信の書き出しは 「今日も日報をありがとう」
終わりは 「明日も日報お待ちしています」と添えます

「ありがとう」と言われ、「明日も待ってます」と言われることで
ちょっと大儀な時にも 「あ、日報書かなきゃ」と思って
日報を書くために 何かひとつでも取り組もうと思ってもらい
結果的に 毎日その目標と向き合い 進んでいって頂けるように・・・

常に意識しておくこと 向き合う習慣があれば 必ず結果に繋がります

そんな日報と日々接していると 気がつくことが二つあります

一つ目は 心がガチガチだった方でも、だいたい2~3週間で、
「毎日返信ありがとう」などの言葉が入るようになって
そうすると その方の、周囲に対する感謝の念が少しづつ復活し始めること

初めは 自分のためだけに事業を何とかしたいと必死だったところから
喜んでくれる人(お客様)に出会うために もっと取り組むんだ。。
そんな気持ちに変わっていかれるように見えます

もうひとつは 自分だけの問題じゃない という責任感。
孤独に悶々とするしかない事業主やオーナーの方にとって
毎日 私に向かってメールするという行為を通じて
自分は1人じゃないと気持ちの支えになると同時に
周りのためにも(メールの段階では私のためにも ですね)やり遂げなければ
そんな責任感が出てきて 行動の支えに繋がっていくようです

ありがとうは、魔法の言葉

深い深い 様々な意味があるのですね

会話の初めに【ありがとう】を 会話の終わりに【ありがとう】を
心掛けたら きっと いろんなことが好転しそうですね

 ■メンタリングのAyes  (ビジネス心理&事業構築)
  →→お問い合わせ

挫折防止にワンクリック、愛の手をm(_ _)m
人気blogランキングへ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。