スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宝物の届き方

私のワークテーマでもある
“女性の自立(仕事で活きる女性を増やしていきたい)”という想いもあって
活動を形作ろうとしているNEOWOMAN

紆余曲折を得て あと1か月と迫ったNEOWOMAN アクションフォーラム
書籍も来週には上がってくる予定です

NEOWOMANって何?
さまざまな方に(しかも割とあしらわれるように)問われては
まだ適切な言葉で伝えられなくて
自問自答を繰り返しながらの毎日・・・

強い強いと言われる私でも さすがに結構メゲます
「何やってるんだ 自分は!」って

想いから取り組み始めたことには
未来図は見えてるけど
そこに至るまでのプロセスが見えないことが結構多くて
悶々とすることになる場合が大半だったりしますね

そして 大抵はそこで自信喪失してしまったり
誰かの否定的な言葉に乗っかってしまいます

(自分が言いたいことを 誰かの言葉を借りてしまう
 というのは 割と多い行動癖の一つです)

先日 あるメールを頂きました
沢山の活動と長期的に付きあってこられた方です

 【菊川さんがやろうとしていることは
  とてつもないことなんですよ
 だから誰でもやろうとはしないし、だから価値がある。
  そして、貴女はそれが出来るひとです。
  忘れないで下さい、そのことを。】

そうか そんなに大変なことを 何も考えずにやり始めてしまったのか。。。
と、ちょっと目が点になりました

私から見ると、とても愛情深いのだけれど ちゃんと冷静沈着で客観的
たくさんの活動、団体と ほど良い距離感で長期的に愛情持って関わってこられたこの方が
一体何を持ってNEOWOMANを「とてつもないこと」と言って下さっているのか
正直なところ 分からないのだけれど

これまでに 力も人脈も財力もある方が取り組んできていないのはなぜだろう?
と不思議ではあったし

同時に、そのような方々が
  妙に興味深く見守って下さってる気がするのは何故だろう?
と不思議でもあったのは確か

何かするたび 突拍子もない(と言われる)失敗を随所で巻き起こすのですが
そのたび ビックリするような方から
「ちょっと気になったので」と連絡下さることがあって
有り難くも不思議だったりもしました

ただ 今回このメールを頂いて 
続けて良いんだよと 世の中に許してもらえた気がして
本当に嬉しかったのです

宝物は 思いがけない でも最適なタイミングで
届くって本当だなと 思った一件でした


  ■メンタリングのAyes  (ビジネス心理&事業構築)
   →→お問い合わせ

挫折防止にワンクリック、愛の手をm(_ _)m
人気blogランキングへ




今年のフォーラムの菊川のChallengeは・・・

NEOWOMANのフォーラムは
「自分に出来ることを」をテーマに
を提供することで
有志による準備メンバーで、フォーラム開催を実現しています

参加資格は
・自分にできることを探して取り組む
・自分自身も成長する
という気持ちがあることのみ
エントリー料なども もちろん不要

通常 意外と自身の存在や仕事の内容
何が出来るかを伝える機会は少ないですので
準備を通して発生する様々な要素の中で
「ご自身の存在や仕事を周囲に知ってもらえる」のは
とてもよい機会となりますから

一定期間のやり取りの中で 
“その方となり”も見えやすいため 
後々 様々な誘いを頂いて
少しづつご自身のプラスになっていく方も多く見受けられました

その代わりに 自分で出来ることを見つけて行動していかないと
何もできずに終わってしまうし
自分なりのテーマやチャレンジを意識しないと
何となくで終わってしまいます

「大変だっただけで 何にもならなかった」
という方も いらっしゃいます
分岐点は やはり
「ご自身なりの課題・チャレンジを持って
 この場を機会として取り組むかどうか」
にあるような気がします


さて かくいう私自身の 今年のフォーラムでのチャレンジは・・・

 【後援・協賛・応援を100社(100名)頂くこと】こと

来年にはNEOWOMANの立ち上げ3年目に入るので
今回 きちんと黒字でフォーラム終了し
NEOWOMANのHPをリニューアルして
次なる取り組みにかかる体制を整えていく段階に入りたい

女性の雇用・活躍に関連の方・・・
と考えれば すべての企業が関連するはず!と信じて
お気持ちを寄せて下さる方と出会っていきたく チャレンジ中

現在 全部合わせて約20社(アップが追い付いてないですが)

あと残すところ ちょうど1ヶ月
まだまだ程遠く・・・

…ほんと Challengeの一歩は
誰だって何時だって 本当に勇気が必要ですね

泣きたくなりつつ 来週からは【応援】を頂ける方をお願いしていきます

皆さま どうかどうか 貴意な1口 どうぞ宜しくお願いいたします

【応援】「招待チケット2枚7千円分 + 下記HPに社名掲載」
    1口 1万円でお願いしています
     →http://neowoman.jp/forum/credit.html



挫折防止にワンクリック、愛の手をm(_ _)m
人気blogランキングへ




脳機能上 2万回

脳機能上 新しい癖をつけるのには
約2万回反復練習が必要なのだそうだ

アイエスに集まる相談ケースに限っての
経験則からの見解にすぎないのだけれど

もがいてる方に見受けられる多いパターンがひとつある

自信がない方ほど 自己顕示が強くて
それゆえに 延々と自己理論の中でもがいているケース

(自己顕示が強いがゆえに 自信を持ちにくい
 という方が正確かもしれない)

どちらにせよ この場合 非常にやっかい

何か言うと 心の中で強烈な反発が発せられ
だけど 自信がないから表立って反論が返ってくることはない

では 真剣に検討しているのかというと そうでもなく
別の所で発散のはけ口を見つけて 持論を展開して発散する

自己顕示が強い人の特徴に 人の言葉に手を加える癖が多いと聞くが
確かに 愕然とするぐらい解釈が曲がりつづけていくのを何度も経験した



「聞く姿勢が出来た時 教えてあげる」

もう随分前のこと
教えてほしいことがあって尋ねた時
そう言われて 何も教えてもらえなかった経験がある

その時は 普段あまり自分から正式に質問することがなかっただけに
「これだけ意を決して尋ねたのに!」と
腹も立ったし 何より突き放されたようで 非常なショックを受けた

ようやくその意味が分かってきたのは 最近のこと

自己解釈が入る状態で何か伝えても 更に悪化させるだけ
あの時の私には まだ言葉がそのまま心に届く状態になっかったんだなぁと

またこの1年は あるひとつのことを整理するのに
延々ともがくループの中で過ごしていたのだけれど
この体験の中でも ちょっと思った

“もがいている時”は 
これまでの自分とは違う考え方行動パターンを身につけようとする時に
分かってはいるけれど身についていないために
安易には受け止められなくて 悶々とするしかない時なんだなぁと

もがく時間は 一皮むけるために必要な熟成時間なのかもしれない


海で浮き輪があったらつかまってしまう

でも浮き輪がなければ 手足をばたつかせて
うまく行けば 浮くこと・泳ぐことを習得できる

泳げるようになりたいなら 浮き輪なしで海に入ることだ

※実際には 溺れるわけにはいかないから
浮き輪を投げてくれる人がいる環境を用意して

「大丈夫! 人は浮く動物だ!」と2万回繰り返しながら


・・・なんだか変な文章になってしまった

なにはともあれ 今年繰り返してつぶやいてきたのはこのフーレズ
  ↓  ↓  ↓
【Challenge! 一歩前へ!】
 11月17日は神戸へどうぞ!
  →詳細 →お申し込み


 

気づくチカラ

またブログに広告が出てしまいました
(1ヶ月更新しないと出る)

生きてます(^^;)

2年目にしてすっかり恒例となってしまった感のある
春以降のどたばた
NEOWOMAN 書籍出版&アクションフォーラムの準備

専用HPが動きだしました
http://www.neowoman.jp/forum/

書籍【想いびと2011】も月末発売予定
2011_1.jpg

今年も 個性的なメンバーが登場します
→ http://neowoman.jp/forum/speakers.html


NEOWOMANは 「自分にできることが誰かのためになる」を合言葉に
「ひとりひとりが自身をより活かし その先で繋がる誰かも活かす」
そんな世界観の創造を目指して 大切に大切に人と人の縁を繋いでいます

だからかな
ふと気が付くと 皆さま 知らない間に何かをして下さってることが多くて
とてもビックリして こっそり感謝することが多いのです

今、FaceBookに、準備メンバーと登場メンバーのグループページがあって
そこで情報伝達や報告確認を機能させているのですけど
あまり活発な発言や動きはなくて、いわばシ~ンとしています

だけど これ

 → http://ameblo.jp/houshu-bodylabo/entry-11035722701.html

2010年登場下さった
西宮の活性リンパマッサージサロンの朋秋さんのブログです

朋秋さんも例にもれず FaceBookでは何もおっしゃってなくて
それこそ 見ておられないと思っていたぐらいでした

なのに この写真。。

POPが添えられてあるということは
きっとサロンで案内して下さってるんですね

「やってあげてるよ!」とも言わずに

極端なことを言えば 知らない顔をしてても良いわけだし
当日だけご自分のアピールに顔出しても良いわけです

でもこういう姿勢の方だから
3万円でも予約の取れないサロンと評判になり
女性全国誌でも紹介される店になっていくのでしょう

他にも
毎日残業の激務にもかかわらず
  毎日1人づつ会って数10名をお誘いくださった準備メンバーの方
「なぜそこまでしてくれたのですか?」とお聞きしたら
「自分のけじめにしたかった」と

体調が今ひとつで、
だからこそ次のステップの自身になりそうな気がしたと教えて下さったのは
1年近くたったつい最近のことでした

他にも書ききれないぐらい 後になって聞く沢山の気持ちがあります
(いつか書いていきたいですね)
そして 私の知らないことは きっともっとたくさんあると思います

FaceBookやツイッターなど、即反応が当たり前のツールがブームの今
反応がないと 寂しかったり不安になったりする方が増えています

心理学的には承認欲求と関連する領域に響きそうな気もして
行く末に不安も感じています

目の前の見える反応に意識を向けている限り
自己認証は得られず
嫌われないために動く 良い人になる といったことになっていき
結局自身は 常に孤独感不安感にさいなまれることにもつながっていきますし

見えないところで寄せて下さってる多くの想いに
気づき感謝する力も減ってしまいます

「人は背中を見ている 誰かがちゃんと見てくれている」こと
本質を大切に 行動することは すべて自分に返ってくるのですよね

大切に繋がり 大切に互いを高め合う関係を築くには時間が掛かりますが
大切に繋いだ 質を保った糸は 切れることはありません
意見が違っても 環境が変わっても 立場が変わっても
互いを認め合い 密かに気持ちを寄せる関係は 脈々と続いていきます

NEOWOMANでは
出演メンバー 準備に関わって下さる方 密かにエールを送って下さる方と
毎年増えていきます

それは 朋秋さんのブログが象徴するように
互いを自身の領域から力を寄せ合う人が
1枚1枚薄紙を積み重ねるように増えていくことにほかなりません

そこに生まれるのは きっと いま私たちが想像しえない
緩やかで しなやかな 居心地の良い距離感を保ちながらも
地に足根付いた 素敵な世界のような予感があります

気づくチカラ 磨いていきたいですね


■NEOWOMAN アクションフォーラム2011
 2011年11月17日(木) 18時開場
 神戸朝日ホール
 ※詳細は→ こちら 
 前売りチケットのお申込みは→ こちら



挫折防止にワンクリック、愛の手をm(_ _)m
人気blogランキングへ


 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。